相模原市の電気工事会社ダイアグラムの地域支援活動をご紹介致します。

お問い合わせはこちら

地域支援活動

地域支援活動

相模原市がSDGsの推進を掲げる理由”SDGsに掲げられている「誰一人取り残さない」持続可能で多様性と包摂性のある社会を実現するために”それを実現するため当社でもSDGsに積極的に取り組んでおります。


持続可能な開発目標(SDGs)とは?

持続可能な開発目標(SDGs: Sustainable Development Goals)は、2015年9月に国連において採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載されている17の目標と169のターゲットです。


ダイアグラムの取り組みとは

当社の取り組み内容とは

SDGs 3番への取り組み

社員が心身ともに健康でいられるようにイベントも大事にしています

社員旅行や月一回の懇親会、時期に応じてバーベキューやスノボーへも行きます。

SDGs 7番への取り組み

照明器具選定時には省エネな器具や適した器具選定を提案します

照明は見た目や雰囲気作りには最適であるので、費用と省エネと相談し工事を行います。

 

SDGs 10番への取り組み

 

月に一度の定例会、懇親会を行い、役職での意見ではなく従業員全員が同じ意見を出し合い、持続可能な会社でいられるように努力しています。

SDGs 12番への取り組み

工事の提案時に無駄な材料や過剰な設備は省きます。お客様の希望であった場合はお客様と必要と不要を伝え最善の工事を行うように努めています。

 

ゴミの少ない工事に心掛け、環境問題に向き合います。その結果、無駄を省き金額を抑えた工事が可能です。お客様にも会社にも環境にも最善を考え作業しています。
 

 

SDGs 13番への取り組み

悪天候の日や作業に適していない日には作業は事前に断るようにしています。現場に向かう車のCO2削減、従業員への無駄な負担は減らすようにお客様にご理解のうえ現場中止を行います。

SDGs 15番への取り組み

身近に出来る事として、コピー用紙は裏紙を再利用、徹底した分別をしています。
 

SDGs 17番への取り組み

協力会社様と合同安全大会や定例会を行い各会社の目標や目的を共有し共存できる企業であるために輪を大事にしています。

*上記の取り組み内容も定例会でSDGsと持続可能である会社であるために従業員達と掲げたものです。